黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2012/05/22(火)
5月24日発売予定のPS3・Xbox360『ドラゴンズドグマ』。
北米では22日発売と言うことで、海外のゲーム情報サイトでもレビューが解禁されたようです。

レビュースコア平均点はN4G.comで7.9/10点、metacritic.comで75/100点(Xbox360版)となっています。
(2012年5月22日時点)
N4Gで見ると7、8点台を中心に、ところどころで9点以上、逆に6点以下のスコアが出ているようです。

例によって、いくつか誤訳上等で読んでみました。



『ドラゴンズドグマ』はドラゴンを倒す運命を背負う「覚者(かくしゃ)」となった主人公を操作し、「ポーン」と呼ばれる仲間を連れてパーティを組み、オープンワールドの世界を冒険するアクションRPG。
いくつかのレビューで同程度に比較されているゲームタイトルとして、『ダークソウル』の戦闘の難易度、『The Elder Scrolls V: スカイリム』のオープンワールド、『ワンダと巨像』の大きな敵との戦闘、という感じで例示されていました。

オープンワールドの世界は全般的に好評。
広大でグラフィックも素晴らしく、草原や洞窟、墓場、峡谷など、その世界に浸ることができる。
建物に入るときでもローディング画面に入ることは少ないといったレビューもありました。

ファストトラベル(訪れたことのある場所をマップで選んで瞬間移動みたいなシステム)はアイテムを使うことでできるようですが、世界の広さに対して普通に用意されていないのは残念といった声がありました。

フィールドでは昼夜の概念があり、夜は敵が強くなるなど時間帯によって危険度が変わる点が評価。
このことから、クエストを受けるにしても移動するにしても計画性が求められる、無事に宿にたどり着くとほっとする、といったレビューがありました。

戦闘は『ダークソウル』ほどではないものの厳しいという声がいくつかありました。
戦闘では戦略が求められ、特に大きな敵に掴まるシステムはエキサイティングで、思考が要求される要素という評価。
戦闘は敵によって面白い場合もあれば、フラストレーションが溜まる敵や状況もあると、好い面、悪い面が混在しているという意見もあり、また同じレビューでは職種ウォーリアーを例に、盾で敵の攻撃を防ぐことはできるがカウンターや回避ができないことへの不満も述べられており、ある職業であることがフラストレーションになると続けています。

職業やクラスは特定の場所で転職、変更することができます。
同じ敵と戦って飽きてきたとき、転職することで新たなゲームプレイを楽しめるというレビューもありました。

セーブに関して、オートセーブもあるようですがそれが入る場面が少なく、結局プレイヤーは頻繁に手動でセーブする必要があるようです。
上記のようにゲーム中では注意深く進めないと死亡してしまうことも多くあり、セーブを怠っていると場合によってはまた長いやり直しとなるそうです。

ポーンシステムは全体的に好意的に評価されているようです。
ネットワークを介した貸し借りもそうですが、パーティーを組む戦略的な意味でも評価されています。
ポーンのAIに関して不満を述べるレビューが2、3ありましたが、全体としてはポジティブに評価されているように思います。
ただ、ゲーム中にポーンが同じようなことを何度も言うことがわずらわしく感じるといった声もありました。

カメラ操作のぎこちなさや、角度によって木などが画面に入ることへの不満、ロックオンシステムがないことなどへの不満も、いくつかのレビューで出ていました

物語は特に深くも複雑でもなく、典型的なファンタジーのストーリーという感想。
悪い意味ではなく、単純にそう感じたといった感じです。
世界の背景、歴史や登場人物に関する説明が少ないといった批判もありました。

グラフィックは特に優れているという評価ではありませんが、アニメーション、動きに対して好意的に評価するものがありました。
「スカイリム」レベルほどではないものの、キャラクターが埋まったり浮いたりといったバグがあるという声もありますが、同時にパッチで修正できるだろうとも述べています。

クリアまでの時間を書いているレビューは2本くらいしかありませんでしたが、だいたい50時間以上くらいかかるようです。


全体としては細々とした不満がありつつも、ゲームプレイは十分評価されている印象でした。
私が読んだ範囲では、6点、7点台のスコアのレビューでも文章からはそれほどマイナス点を付けられるような内容には見えないものが多かったですね。
高評価レビューでは『ダークソウル』よりも深く、「スカイリム」よりも引き付けられると締めくくっているものもありました。




関連記事:
PS3『ドラゴンズドグマ』の体験版をプレイしてみました/2012年4月26日
『ドラゴンズドグマ』 発売日発表&4thトレーラー/2012年2月6日


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド