黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2012/04/26(木)


5月24日発売予定のPS3・Xbox360『ドラゴンズドグマ (Dragon's Dogma)』の体験版が配信開始されており、PS3版を体験してまいりました。
ざっくりした流れとプレイした感想を。

ボタン表記はPS3版のものです。
以下の内容や感想はあくまで体験版でのものです。



まずはプロローグクエスト。
相棒サルボとともに“ドラゴンの居城”を通り抜け目的地を目指します。



スタート地点の崖からダイブすると、当然ゲームオーバーとなります。



ドラゴン出現。
ここで戦うことはありません。



フィールド上にある箱は持ち上げて投げたり、剣で壊したりでき、中からアイテムが手に入ることもあります。



「リム」と呼ばれる石に触れると異世界のポーン(仲間)を召喚することができます。



ポーンは状況と能力に応じプレイヤーをサポートします。
このときカメラがポーンに寄る演出がありますが、スタート画面のオプションで演出をオフにすることもできます。
ちなみに体力が0になり戦闘不能になったポーンは、プレイヤーがそばに行きボタンを押すことで助けることができます。



キメラ出現。
毒や睡眠などの状態異常を誘ってきます。

普通にガシガシ攻撃してもいいですが、尻尾など特定部位にR1でしがみついて集中的に攻撃することで部位破壊をし、戦闘を有利に進めることができます。
最初、『ワンダと巨像』みたいにR1ボタン押しっぱなしにしていました。
R1押して掴んで、もう一度押すことで離す、ということですね。

また、キメラの攻撃によっては盾でタイミングよくガードすることで転倒させることもできます。



ムシャムシャ食べられたりもします。
キメラを倒すとここでのクエストは終了。



続いてフィールドクエスト。
オープンワールドの風景が素晴らしかったです。



フィールド上には宝箱もありました。
体験版では見えない壁があって進めないところがあります。



上空を飛んでいたグリフィンがゴブリンの死肉に誘われ出現。



この体験版クエストではプレイヤーの職業はストライダーとなっており、サブ武器として弓が使えます。
最初は、弓スキル選択から射るまでの操作がちょっとややこしかったですね。
まぁ、慣れでしょうけど。



仲間を足場にして低空飛行しているグリフィンに飛びつくことができます。
この演出ではつかむためのR1は押さなくていいんですね。



フィールドは時間経過とともに夜になっていきます。
グリフィンを倒すとここでのクエストは終了。



キャラクターエディットも体験できます。
体験といっても本編に引き継ぎ可能なのでじっくり作りこむこともできます。

一番左のみ男性。
ギリシャ神話の女神風、気弱な少女風、ダークエルフ風。



エディットキャラは本体験版のフィールドクエストにも反映されます。
剣の大きさも体格に合わせて調整されています。



正確に数えてはいませんが、プロローグクエストを5、6回以上、フィールドクエスト10回以上くらいプレイした感想を言うと、フツーに面白そうだと思いました。

ただ、画面表示がちょっとゴチャゴチャしている印象でした。
コントローラー表記は慣れればオフにしていいと思いますが、左に表示されるポーンたちのセリフ字幕、字幕そのものよりテキストウィンドウサイズが長すぎる気がします。
また、キャプチャー画像では切り抜いていますが、実際のテレビ画面では上下に黒い帯が表示される形で、通常より上下に狭くなっています。
あと、もう少しカメラがプレイヤーから離れていたほうが好みかな。

体験版ではポーンは強く設定されているようですが、敵と戦うことで学習したり、性格も教育できるみたいですし、育っていくのは楽しみです。
オンラインでのポーンの貸し借りもちょっと気になります。
キメラ戦では2人のポーンを呼び出さずに戦ったりもしましたが、縛りプレイなんかもできそうですね。
私はやりませんがw
モンスターが落とすアイテムなども色々あり、調合や装備品の強化などもあるようです。
オープンワールドの風景も良く、歩き回ってみたいですね。

今のところ、変わらず購入候補と言えそうです。




関連記事:
『ドラゴンズドグマ』 1stトレーラー・デモプレイ動画 CAPTIVATE 2011/2011年4月13日
『Dragon's Dogma(ドラゴンズドグマ)』 グリフィン戦トレーラー/2011年5月27日
『ドラゴンズドグマ』 発売日発表&4thトレーラー/2012年2月6日
ゲーム購入未定表 その9


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド