黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2012/04/10(火)
Interview: Lollipop Chainsaw’s Goichi Suda /Gematsu(4月8日)

先週、アメリカ・ボストンで開かれていたゲームイベント「PAX East」では、日本で6月14日発売予定の『ロリポップ・チェーンソー』も出展されており、同タイトルのディレクターを務めるグラスホッパーマニファクチュアの須田剛一氏も参加していました。

須田氏はGematsuとの簡単なインタビューに対し、本作のアイデアの生み出し方、パブリッシャーである角川ゲームスとワーナーブロスとの関係、主人公ジュリエットのデザインなどに関して答えています。
ジュリエットの胸のサイズに関しては角川、ワーナーも話し合いに参加し、最終的にワーナーの声で「Dカップ」と決定したそうです。

また、Xbox360向けKinect専用タイトル『Diabolical Pitch』が配信されていますが、PS Move向けに何か考えているのかとの問いに対し須田氏は、何も計画は無いというように答えたようです。

須田氏と角川ゲームスの次のプロジェクトとして発表されたばかりの『KILLER is DEAD』に関しては、当然、発表以上のことは答えられないといった感じです。



PAX East 2012: Suda51 Discusses Style, Influence, And Gameplay In Lollipop Chainsaw /Dual Shockers(4月7日)

同じく『ロリポップ・チェーンソー』に関して、Dual Shockersによるインタビュー動画。
通訳を交えてのインタビューなのでだいたい分かると思います。



果たしてジュリエットは新しいララ・クロフトになるでしょうか?



Exclusive: A journey through Journey's soundtrack /Destructoid(4月5日)

PS3『風ノ旅ビト(英題:Journey)』のサウンドトラックは北米のPSストアで4月10日に発売予定のようですが、音楽共有サイトSoundCloudで作曲家のAustin Wintory氏自身によってアップされた7曲を聴くことができます。

上のDestructoid記事にはそのうちの4曲(「Threshold」はフルバージョン)がWintory氏の簡単な解説とともに掲載されています。

日本のストアでも近々発売されるでしょうか?
楽曲のタイトルも併せて考えると、また物語の捉え方が変わってしまいそうですね。



みんな騙されるな! Googleメガネの現実はきっとこんな感じ【動画】 /ITmedia ガジェット(4月6日)

先日Googleによって、同社の拡張現実メガネのコンセプトムービーが公開されましたが、その動画を元に作られたパロディ動画も公開されたそうです。



元の動画では現実世界に天気や交通情報、コミュニケーションツールなどが重ねて表示されますが、パロディ動画ではそれ以外に、実際はことあるごとに広告が表示されるのでは?といった皮肉が込められているようです。

ITmediaガジェット記事にはもうひとつ、音声認識でメールを作成する場合、「本音」のメッセージが作成されてしまったり、画面いっぱいに広告ウィンドウが表示されて視界が悪くなったりする危険性を描くパロディ動画が掲載されています。



Resident Evil 6 New Trailer /All Games Beta(4月10日)

『バイオハザード6』の最新トレーラーが一時、公開されていたようですが、公式の発表タイミングではなかったようなので、とりあえず転載記事のリンクだけ。




関連記事:
気になったゲーム関連の話題 2012年3月8日/2012年3月9日
(「ロリポップ」プレミアムエディション情報)
『ロリポップ・チェーンソー』 予告トレーラー 日本版/2011年8月18日
『バイオハザード6』 1stトレーラー公開/2012年1月20日


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド