黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2011/06/07(火)
日本時間の本日7日未明に、E3(Electronic Entertainment Expo)で行われていたマイクロソフトプレスカンファレンスのライブ配信を見ました。
ところどころ抜けてるかもしれませんがスクリーンショットとともに思い出しながら感想を。



『Call of Duty: Modern Warfare 3』、『Tomb Raider』、『MASS EFFECT 3』、『GHOST RECON: FUTURE SOLDIER』、『Gears of War 3』のプレイデモンストレーション。
「ゴーストリコン」はモーションコントローラーKinectにも対応しているようです。

同じくKinect対応のアクションゲームと思われる『RYSE』、Xboxで発売された1作目『Halo』をHDリマスターした『Halo: Combat Evolved Anniversary』、『Forza Motorsport 4』、そしてピーター・モリニュー氏が登壇し、Kinect対応タイトル『Fable: The Journey』が発表されます。



Xbox Liveや新たなネットワークサービスのアナウンスに続いて「Kinect祭り」。
「ディズニー」、「スターウォーズ」、「セサミストリート」をテーマにしたKinectゲームの紹介。
また、Kinectを使ったアバターの作成や、身近な物をキャラクターとして取り込む技術的なデモンストレーションが行われます。

『KINECT SPORTS: SEASON TWO』、『DANCE CENTRAL 2』が紹介された後、『Halo 4』がムービーとともに電撃発表されカンファレンス終了。




といった感じでした。

Kinect推しがスゴかったですね。
技術的な部分で、その進歩みたいなところは興味があるんですが、発表されたタイトルはあまりそそられませんでした。
狙いとしては、Kinectではファミリー層やライト層を取り込もうとしている感じですかね。

「Fable」はちょっと面白そうでした。
戦闘では手をかざして魔法を発射するような場面がありますが、ジェスチャーによって魔法の形態が変わるのが楽しそう。

『Tomb Raider』は最初の脱出場面だけだったので、もう少し先のゲームプレイがどうなるか気になりましたね。
『Gears of War 3』や『Forza4』のグラフィックもスゴそうでした。

にもかかわらず、Kinect祭りのせいかビミョーな気分になるカンファでしたw


関連記事:
E3 2011 ソニープレスカンファレンス/2011年6月8日
E3 2011 任天堂カンファレンス/2011年6月10日
E3 Xbox360カンファレンスのライブ配信を見ました/2010年6月15日


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド