黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2011/01/12(水)
日本で昨年7月に発売されたWii『影の塔』。
北米版は『Lost in Shadow』というタイトルで今月4日に発売されていたようで、いくつかレビューがアップされていました。
平均点はN4G.comで7.0/10、metacritic.comで69/100となっています。(※2011年1月12日時点)
いくつか誤訳上等で読んでみました。
ちなみに欧州版は、昨年10月に『A Shadow's Tale』というタイトルで発売されているようです。



平均点でいえば、まぁまぁの評価といった印象です。
グラフィックや雰囲気、そして光と影を使ったゲームシステムに対しては好意的な評価が多いですね。
グラフィックや雰囲気に関してはやはり『ICO』に言及するものがいくつか見られました。
HD機で見たいという声もありましたね。
移植は実現されるでしょうか?

ゲームでは塔のある地点までたどり着くと、必要なアイテムを手に入れるために再び塔を再探索しなければならない部分があり、必要以上に長いという批判や、敵との戦いが単純であるといった不満もありました。
あるレビューでは長さを半分に、値段も半分に、といった意見もありましたが、欧米では3000円くらいの値段設定なんですよね。
まぁ、今なら日本でもそれくらいで買えますが(笑

基本的に2D横スクロール移動アクションゲームということで、ファミコン時代のゲームを思い起こさせるようで、あるレビュアーはそれを批判的に、あるレビュアーは好意的に捉えているのが面白かったですね。

私が読んだ範囲では、高評価レビューでもそうでないものでも、割と同意できる意見が多かったです。


関連記事:
Wii『影の塔』 感想/2010年8月3日
ファミ通TV Wii『影の塔』 スペシャル動画/2010年8月24日
北米版Wii『影の塔(Lost in Shadow)』の動画とか移植のウワサとか/2010年4月11日


2011/01/14(金)
日付変わってますが記事タイトルそのままで。

『魔人と失われた王国』発売まで、あと1週間。
といった話とは特に関係なく、気になった話題を昨日(正確には一昨日)の分と一緒に。


コンシューマソフト週間販売ランキングTop20/4Gamer.net

2011年1月3日から9日までの週間ソフト販売ランキング。

1位のPSP『モンスターハンターポータブル 3rd』は累計で398万本売り上げています。
カプコンの発表では発売1ヶ月で400万本出荷されたそうです。

また、4位のDS『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』が累計販売500万本を突破しています。
ランキング見ると、新作ソフトが少ないせいか、DS・WiiソフトがTop20のうち16本を占めているのがビビりますね。


ソニー、1月27日に東京で『PSP2』を遂に発表か/Game*Spark(1月12日)
『PSP2』の噂続報/Game*Spark

複数の海外サイトが、今月27日に「PSP2」に関する発表があるというウワサを報じているそうです。
また、「PSP2」はPS3と同じくらいパワフルであるとか、早くて10月に発売されるなどといった情報もあるようです。

3DSも出ますからね。
PSP側の発表があっても不思議ではないと思いますが、まぁ、27日を待ってみましょう。


GDC2011に『Red Seeds Profile(レッド シーズ プロファイル)』のディレクターが登壇決定/ファミ通.com(1月12日)

2月28日~3月4日にアメリカで開催予定のゲーム開発者向けの国際会議、GDC(ゲーム・デベロッパーズ・カンファレンス)2011にて、『レッド・シーズ・プロファイル』のディレクターSWERYさんが、ストーリーライティングについての講演を行うようです。

ゲームとしての表面的な造りはビミョーでしたが、ストーリーやキャラクターは良かったですからね。
今年もいろんな変な作品が出ることを期待します。


大丈夫だ!問題ない!「El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON」の発売日が4月28日に決定(1月12日)

そんな変な作品かもしれない『エルシャダイ』の発売日が4月28日に決定し、価格は7980円と発表されたそうです。
まだ内容は分かりませんし、購入未定ですが。
戦闘部分は普通にハック&スラッシュっぽいけど、グラフィックの雰囲気が気になってます。


関連記事:
『レッドシーズプロファイル』のヨークが「GameDeveloper」の表紙を飾るようです/2010年8月1日
気になったゲーム関連の話題 2010年12月2日


2011/01/15(土)


バンダイナムコゲームズが毎月無料で発行している小冊子、Side-BN(サイド・ビィエヌ)2011年2月号で、『魔人と失われた王国』のマンガが連載開始されていました。
「魔人と失われた王国 -むかしむかしの物語-」というタイトルで、ゲーム「魔人」の物語よりも前の出来事が描かれているようです。



冒頭で、なんとなく重要な設定が明らかにされている気がするんですが、読んで大丈夫でしょうか?
読んだけどw


関連記事:
『魔人と失われた王国』 海外サイトレビュー/2010年11月24日
Ustreamで『魔人と失われた王国』特番/2010年10月28日
Majin(仮) 非Majin/2010年2月13日

2011/01/18(火)
またアイレムがPlayStationHome内にラウンジをオープンさせたそうです。
アイレムのクリスマスプレゼントの「ブラックアイレム団の帽子」を持っていると、その新しいラウンジにいけるようです。



アイレム広場の外側にあるトンネルを調べると、「その帽子をかぶってきたということは決心がついたということだな」と声がします。



ちなみにこのときかぶっていたのはトナカイ帽子でしたが、ブラックアイレム団の帽子を取得していればいいようです。



「覚悟はいいな?」と問われ「はい」と答えると「アイレム本社ビル?」ラウンジに行けます。
ビルに描かれてあるアイレムのロゴがちょっと違います。



ビルの前には「いもりかえるすくい屋さん」があり、アイレム広場の金魚すくいと同じく、ミニゲームがプレイできます。



すくった生き物はパーソナルスペース用アイテムとして手に入ります。



ビルの入り口にある屋根の上に、サボっているブラックアイレム団員がいます。
話しかけるとTシャツがもらえ、代わりに警備を頼まれます。
屋根の上には「DANGER」と書かれた怪しいボタンがありましたが、押すことはできませんでした。



駐車場にあるマンホールを調べて地下に降り、さらにエレベーターに乗って地下2階に降りると「秘密結社のアジト」に行けます。



通路があるだけですが、ケルベロス大佐のいる司令室への扉に団員が挟まっていたり、奥にR-Typeの戦闘機が数台並んでいるのが見えたりします。



休憩室ではヒーローらしき5人組が捕まっていました。
今後、このラウンジを利用したイベントがあるんでしょうか?
また混雑しそうですが期待したいですね。


クリスマスイベントのときには不具合があってアイテムが取得できなかった人もいたようですが、アイレム広場の看板やアイレムのHPを見ると、救済措置があるような雰囲気です。
PS Homeはアイレムの本業ですからね(笑


関連記事:
PS Home クリスマスリワードをもらってきました/2010年12月26日
PSHome『セミファイナリストファンタジア』 ざっくりプレイ日記 その1/2010年4月3日
ブラックアイレム団/2009年4月6日


2011/01/20(木)
いよいよ本日発売されるPS3・Xbox360『魔人と失われた王国』。
YouTubeのバンダイナムコゲームスヨーロッパチャンネルに開発者インタビュー映像がアップされています。
以前、ひとつ取り上げましたが、全部まとめて放り込んでおきます。


1.「魔人」とは



2.グラフィック、デザイン



3.物語、相棒そして敵



4.音楽



5.ゲームプレイ




壮大な雰囲気のメインテーマを聞いてからというもの、よく口ずさんでいます。
世界観や雰囲気は好みですが、ゲームプレイや物語はどんな感じか楽しみです。

「No Majin, No life.」 m9(`・ω・´) ビシッ


関連記事:
PS3『魔人と失われた王国』体験版をプレイしました/20101年10月26日
『魔人と失われた王国』 海外サイトレビュー/2010年11月24日
Side-BNに『魔人と失われた王国』マンガ/2011年1月15日


2011/01/20(木)


予約していたものを受け取ってまいりました。



解説書の絵もいい雰囲気。
来週にはWii『ラストストーリー』が来ますから、できるだけ進めたいですね。


関連記事:
『魔人と失われた王国』 開発者インタビュー映像集/2011年1月20日
『魔人と失われた王国』 海外サイトレビュー/2010年11月24日
『Majin(仮題)』のPV第1弾/2010年3月17日


2011/01/22(土)
PS3のメッセージボックスに「おさんぽムイムイ」のプロダクトコードが送付されていました。



今月13日までにPlayStationHomeのパーソナルスペース「ロコアイランド」購入したユーザーを対象に送られたもので、Homeのポータブルアイテムとして使用すると『LocoRoco』シリーズのキャラクター「ムイムイ」を連れて歩けます。



手をかざして眺めるような仕草をしたり、ランニングマンダンスをしたりカワイイですw


関連記事:
PSHome「ロコアイランド」購入しちゃいました/2009年11月21日


2011/01/24(月)
ひょっとすると「憑依ドン!」になっていた?「ゴースト トリック」のブロガーイベントで/4Gamer.net

23日に開かれた「iPhone『ゴースト トリック』体験ブロガーイベント」のレポート。
プロデューサーの竹下博信氏とディレクターの巧舟氏が、同作の開発秘話などを披露したそうで、タイトル決定までには「ゴゴゴゴゴースト」、「憑依ドン!」といった候補もあったのだとか。



パッケージイラストに賛否があったとは知りませんでした。


噂: PS3で『Metal Gear Solid』のトリロジーHDコレクションが発売/Game*Spark(1月22日)

UKのゲーム雑誌に、『Metal Gear Solid』シリーズの最初の3作品がPS3でHDトリロジー化されるというウワサが掲載されているそうです。

無い話ではないと思いますね。
ただ1作目、PSソフトの『メタルギアソリッド』をHD化するとして、効果はどれくらいあるものなんでしょうか?


『とびだせ大作戦』から『塊魂』シリーズまで、3DSでリメイクしてほしいゲーム/Gpara.com(1月21日)

海外ゲームサイトDestructoidの記者が、3DSでリメイクしてほしいタイトルをリストアップしているそうで、『ビューティフル ジョー』や『3Dドットゲームヒーローズ』、『シーマン』、『塊魂』などといったタイトルが挙げられています。

記事にもあるように『ジャンピングフラッシュ』の移植は無理でしょうが、確かに3D空間を主観でジャンプしていく浮遊感は立体視でやったら迫力がありそう。
酔いそうな気もしますがw


【レビュー】マウスオーバーで英単語の意味を詳細に表示 - Firefoxアドオン「FireDictionary」/マイコミジャーナル

ブラウザFirefoxの拡張ソフト「FireDictionary」の紹介。
「FireDictionary」をFirefoxにインストールすると、記事中の英単語にマウスカーソルを合わせて、サイドバーにその日本語の意味を表示させることができます。



新しい言葉や固有名詞、複数形など反応してくれないものもありますが、結構使えました。
多少、海外サイトの閲覧が効率よくできそう。


関連記事:
DS『GHOST TRICK(ゴーストトリック)』 感想/2010年6月27日
気になったゲーム関連の話題 2010年9月30日
『ICO』『ワンダと巨像』HDリマスター、『人喰いの大鷲トリコ』トレーラー(GT.com)/2010年9月16日
ニンテンドー3DS 同日発売予定ソフト/2011年1月10日


2011/01/26(水)
発売日からこの1週間、どっぷりがっつりと遊んだ『魔人と失われた王国』。
昨日配信開始されたダウンロードコンテンツ(DLC)3種までコンプしてきました。



DLCは、見つからずにエリア内にいるすべての敵を倒す「スニークチャレンジ」、次々と現れる敵を倒していく「バトルチャレンジ」、エリア内にある“かかし”を道を切り開きながら破壊する「パズルチャレンジ」があり、クリアまでの時間が短いほど評価が高くなります。



各ミッションは4ステージあり、各ステージをA評価以上でクリアすると主人公のコスチュームが、すべてのステージでS評価を獲得すると魔人のスキンが手に入ります。



試行錯誤が要求され、いい感じの難しさでイラッとしつつも楽しかったです。



ちゃんとした感想はまた後日書こうかと思いますが、よくできた作品だと思いますね。
夜空には流れ星が流れていました。
ちょっと頻繁に流れすぎな気もしましたがw



川の中には小魚の群れやジュゴンのように泳ぐ生き物の影もあり、結構こだわってるなぁと思いました。


さて、明日はいよいよWii『The Last Story(ラストストーリー)』の発売日。
「魔人」も無事やり切ったことですし、また新たな世界でどっぷりがっつり遊べたらいいですね。


関連記事:
『魔人と失われた王国』 欧州インタビュー動画と新スクリーンショット/2010年10月25日
PS3『魔人と失われた王国』 買ってきました/2011年1月20日
ゲーム購入未定表 その6/2010年11月9日


2011/01/27(木)
予約しておいたものを受け取ってまいりました。



スリーブ付きの本体と特典。



ジャケットの表と裏。



特典はイラスト集ミニブックとサントラCD。


情報断ちしてきましたが、これからもネタバレに遭遇しないよう薄目でネットを見て回ろうと思います。


関連記事:
Wii『THE LAST STORY(ラストストーリー)』 PV/2010年10月22日
気になったゲーム関連の話題 2010年11月22日


前のページへ  | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. |  次のページへ

 / Template by パソコン 初心者ガイド