黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2010/06/30(水)
日本代表戦くらいしか見ない10年来の“にわかサッカーファン”です、と例によって予防線を張っておく。

日本時間の昨日深夜から行われたサッカーワールドカップ日本vsパラグアイの試合は、前後半の90分、延長戦30分でも0対0のまま決着がつかずPK戦の末、日本代表の敗退となってしまいました。

日本にも惜しいシュートは何本かありましたが、パラグアイのほうがペナルティエリアに侵入する場面が多く怖さがあった気がします。
延長戦終了までの印象として、日本はなんとか守りきったという感じでした。

PK戦は勝敗を決するというよりは先へ進むチームを決めるくじ引きみたいなものだと思ってるので、まぁしょうがないといった感想です。
試合後、選手たちの表情に私も涙ぐんでしまいました。
ただただ、お疲れ様でしたと言うほかありません。

グループリーグ敗退を予想していた者として、信じないで申し訳ないという気持ちもありますが、でもさ、本大会前のさ、強化試合見たらさ、批判するのもしょうがないじゃんと開き直りたくもありますw
強化試合から気になっていた、トラップやドリブルが大きくなる点やパスミスなど直して欲しいところもまだありますしね。


さて話はちょっとズレますが、「アンチフットボール」という言葉を知りました。
英語版Wikipediaでの説明は以下のような感じ

Anti-football
ストライカーを除くチーム全体をボールの後ろに配置した非常に守備的なプレイスタイルで、試合に勝とうとするより相手チームに得点されないことに最善を尽くす。


今大会の日本代表は、特にグループリーグでは「負けない戦い方」を採ったように思いますが、こうしたプレイスタイルは退屈だと批判される方もおられるようです。
おそらく、華麗なパスワークやシュートの打ち合いなどを期待される方は多く、私もそうしたゲームのほうが面白いと思いますが、格上相手の戦い方というのもあるかと思います。

「アンチフットボール」はつまらない、退屈だという感想を否定することはできませんが、そうしたプレイスタイルは無くすべきだという考えには賛同しかねますね。
てか「アンチ(反)」ってのはキツ過ぎるかな。

日本のサッカーに関して言えば、FIFAワールドカップに参加した200近くの国・地域のうち32チーム、結果として16チームに入ったとはいえ、やはり強豪国とガチンコで張り合うにはまだまだかと思います。
強豪相手には守備的な戦術を採りつつ経験を積み、その上で別のスタイルを模索していければという段階ではないでしょうか。
一足飛びでブラジルやスペインやイタリアにはなれないんですから。
ん?イタリアどこいった?


余談ですがパラグアイ戦が始まる前、『機動戦士ガンダム』のシャアザクのお面をつけ、「まだだ!まだ終わらんよ」と書かれたボードを持った人が映りました。
ちなみにこのセリフは「Zガンダム」のクワトロ(シャアの別名)のものらしいです。
(画像は拾い物)


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド