黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2010/02/11(木)
来週2月18日に発売が迫ったPS3『HEAVY RAIN -心の軋むとき-』。
海外ゲームサイトでの評価はかなり高いようです。

N4G.comMetacritic.comでは複数のレビューサイトでの評価から平均点を出しており、N4Gでは9.0/10、Metacriticでは89/100となってます(2月11日現在)。
2、3ざっくりと、誤訳上等で読んだ程度ですが、ゲームとしての革新性が特に評価されている印象ですね。

「HEAVY RAIN」はクイックタイムイベント(QTE)のように画面に表示されるボタンを押していくことで進めていくゲームになるようですが、例えば本を読んだり、座ったりといった行動など様々な場面でQTEがあることに批判的な評価もあるようです。
まぁ、これらどうでもいい行動は無視してもいいんでしょうけどね。
また、ゲームと映画の融合との評価がある一方で、映画としては弱く、ゲームとしては退屈といった逆の評価もあります。

ちょっと批判的な意見を取り上げましたが、圧倒的に高評価が多いので期待していいのではないでしょうか。


またほかに18日発売で気になっているソフト、PS3・Xbox360『Dante's Inferno』のレビューもあり、N4G.comでは7.4/10、Metacritic.comでは76/100となっています(PS3版・2月11日現在)。

「ダンテズ・インフェルノ」はゴッド・オブ・ウォーやベヨネッタのようなスタイルのアクションゲームですが、やはりそれらのゲームと較べられて苦戦してる印象ですかね。
しかし、個人的にはもう少し低い点数(60点台くらい)が出るかと根拠なく思ってたんですが、割とよさそうな数字。

ただ評価のバラつきが大きいのが気になります。
発売後ちょっと様子見たほうがいいでしょうか?

 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド