黒蘭の蔵

気に入ったもの、気になったものを放り込んでおく蔵
2020/01/20(月)
ここ4週、年末年始の休載期間を挟むため、実質3週ほどの気になったゲーム関連の話題を。



「ASTRO BOT:RESCUE MISSION」と「Deracine」のバリューセレクションが2月14日に発売 /4Gamer.net(1月10日)

PSVR用ソフト『ASTRO BOT:RESCUE MISSION(アストロボット レスキューミッション)』と『Deracine(デラシネ)』が廉価版パッケージとして2月14日発売予定と発表。
価格は、「アストロボット」のパッケージ版が2900円(税別)、DL版が3190円(税込み)、『デラシネ』のパッケージ版が1990円(税別)、DL版が2189円(税込み)となっています。



これまでのDL版セール価格になった感じですね。
『デラシネ』はPSムーブが2本必須となっていますが、両方ともPSVR専用でやっておくべきタイトルだと思うので、多くの人に買ってもらいたい。



Steam版「ごく普通の鹿のゲーム DEEEER Simulator」のアーリーアクセスが1月21日にスタート /4Gamaer.net(1月7日)

伸縮自在な首を駆使する“ごく普通のシカ”となって街を破壊したりできるゲーム『DEEEER Simulato』がSteamにて1月21日よりアーリーアクセス開始。



ヤギになったり、ガチョウになったり。
今年はシカですかw



新米ミツバチになって群れと巣を守る「ミツバチ シミュレーター」がPS4とSwitchで4月23日に発売 /4Gamer.net(1月14日)

PS4・NS『ミツバチ シミュレーター』が4月23日発売予定と発表。



こちらはミツバチとなってハチの世界を冒険するアドベンチャーゲーム。
ストーリーや図鑑などの教育的要素もあり、ヤギやシカとはまた違うようですね。



諸々、タイトル延期のお知らせ。

「FINAL FANTASY VII REMAKE」の発売日が4月10日に延期。最後のブラッシュアップのため /4Gamer.net(1月14日)

3月3日を予定していたPS4『ファイナルファンタジーVII リメイク』の発売予定日が4月10日に延期されると発表。

「サイバーパンク2077」の発売が9月17日に延期。CD Projekt REDの最高傑作とするため,あと数か月が必要と判断 /4Gamer.net(1月17日)

4月16日を予定していたPC・PS4・XB1『サイバーパンク2077』の発売予定日が9月17日に延期されると発表。
日本でのパブリッシャーとなるスパイク・チュンソフトからも同内容の発表があったため、日本での発売予定日も同じになると思われます。

「マーベルアイアンマン VR」の発売が5月15日に延期 /4Gamer.net(1月18日)

2月28日を予定していたPSVR『マーベルアイアンマン VR』の発売予定日が5月15日に延期されると発表。


始めは「FF7リメイク」の延期で「サイバーパンク」と近くなってどうしようかと思っていましたが、その後「サイバーパンク」も延期が発表され購入、プレイ計画的には悩む必要は無くなったと言えます。
ただ4月から9月への延期はだいぶ遠い気はしますけどね。

「アイアンマンVR」は購入未定ではありますが、そもそも昨年から『THE LAST OF US II』や『ウォッチドッグス レギオン』、『天稲のサクナヒメ』などの延期が発表されており、何か起きているのかといぶかしく思ってしまいます。



「十三機兵防衛圏」、品薄のお詫びと出荷についてのお知らせが発表に /4Gamer.net(1月14日)

2020年1月14日、PS4『十三機兵防衛圏』が品切れや品薄の状況であることに対しアトラスが謝罪、パッケージ通常版が順次出荷されていることをアナウンス。



私もネットでクリア報告とともに高評価するツイートなどを見て気になっていましたが、同様に気になってパッケージを買いに走った人も多かったようですね。
かく言う私はDL版を、先着購入特典が付属する期限とされる1月15日に購入しました。
いつプレイできるかは不明ですが、諸々延期されて時間はありそうなのでそう遠くはならないでしょうw



2019年「Steamアワード」が発表。ゲーム オブ ザ イヤーは「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」に。「Beat Saber」「GRIS」などが受賞 /4Gamer.net(1月6日)

2019年「Steamアワード」の受賞タイトルが発表。

ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が受賞。
VRゲーム・オブ・ザ・イヤーは『BEAT SABER』、優れた物語ゲームに『A Plague Tale: Innocence』が選ばれています。



自らのPlayStationでのアクティビティを振り返れる「あなたのPLAYSTATION 2019」企画がスタート /4Gamer.net(1月15日)

PlayStationアカウント保有者で条件を満たしたユーザーが、専用サイトを通じて2019年に自身が最も遊んだタイトルやプレイ時間などが確認できるキャンペーン「あなたのPLAYSTATION 2019」が2月14日まで実施中。



私が2019年、最も遊んだのが『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』、続いて『Death Stranding』、『BEAT SABER』となっていました。
なんと言うか、ベタだなーと思いましたw



4Gamer恒例企画、ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と、2020年に向けた思い /4Gamer.net(2019年12月28日)

ゲーム業界著名人に2019年の印象に残ったゲームタイトルやエンターテイメントコンテンツなどを訊ねた4Gamer.net年末恒例記事。

印象に残ったゲームタイトルとしては『DEATH STRANDING』が最も多く挙げられ、『ドラゴンクエスト ウォーク』、『リングフィット アドベンチャー』が続きます。
『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』、『十三機兵防衛圏』も挙げられていました。

エンターテイメントコンテンツでは映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』が最も多く挙げられ、続いて映画『ジョーカー』や『天気の子』、Nteflix配信ドラマの『全裸監督』も多く挙げられていました。

注目の人物として最も名前が挙げられていたのは『DEATH STRANDING』を手掛けた小島秀夫監督。
その他、サッカー選手の久保建英さん、プロボクサーの井上尚弥さん、ラグビー日本代表といったスポーツ関連の名前が挙げられていました。



いつか「ゲーマー」という言葉がなくなってほしい――「風ノ旅ビト」「Sky」を作ったJenova Chen氏が語る、ゲームというエンターテイメントにかける想い /4Gamer.net(2019年10月16日)

『Flower(PS3版邦題:フラアリー)』、『風ノ旅ビト(英題:Journey)』などを手掛けたJenova Chen氏へのインタビュー記事。

上田文人とJenova Chenが語る、アートと制作の苦悩、そして「ゲームを作る」ということ――イメージか、ロジックか /4Gamer.net(2019年12月28日)

『ICO』、『ワンダと巨像』、『人喰いの大鷲トリコ』を手掛けた上田文人と上記のJenova Chen氏の対談記事。

両氏の作品には何となく共通するアーティスティックな雰囲気を感じますが、ゲーム作りに関してはビジネス的、企業的に向き合ってる部分もあるようですね。




2019/12/22(日)
ここ3週ほどの気になったゲーム関連の話題を。



State of Play第4回配信まとめ。『バイオ RE:3』発表や『KH3 リマインド』新情報などが公開【State of Play】 /ファミ通.com(12月11日)

プレイステーション向け新作タイトルの紹介番組「State of Play」が配信。
『バイオハザード3』のリメイク版『バイオハザード RE:3』のリリースや『Dreams Universe』の発売予定日が2020年2月14日に決定したことなどが発表されました。

個人的に気になったのは『Superliminal』という錯視パズルのようなゲームとPS4向けリリースが発表された『Untitled Goose Game~いたずらガチョウがやって来た!~』。



PS4版「Untitled Goose Game」が12月17日に発売。平穏な町を1羽のガチョウとなり暴れまわるアクションパズル /4Gamer.net(12月10日)

『Untitled Goose Game ~いたずらガチョウがやって来た!~』のPS4版が12月17日より配信中。



NS版もすでに発売中。
いずれかのハードで買いたいと思います。



『バイオハザード RE:3』が2020年4月3日に発売決定! 『プロジェクト レジスタンス』改め『バイオハザード レジスタンス』も収録【State of Play】 /ファミ通.com(12月10日)

『バイオハザード3 LAST ESCAPE』のリメイク版『バイオハザード RE:3』がPS4・XB1・Steam向けに2020年4月3日に発売予定と発表。
また、マルチプレイゲームとして発表されていた『プロジェクト レジスタンス』が『バイオハザード レジスタンス』と改称され、同タイトルに収録されることも発表。



「RE2」も評判いいようですからまずはそっちをやってからかな。
てか、オリジナルの「3」はやってたっけ?



「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」が、The Game Awards 2019「Game of the Year」を受賞 /4Gamer.net(12月13日)

GOTYは『SEKIRO』が獲得!「The Game Awards 2019」各部門受賞作品リスト【TGA2019】 /Game*Spark(12月13日)

「The Game Awards 2019」にて各賞受賞者、受賞タイトルが発表。
「Game of the Year」は『SEKIRO: Shadows Die Twice』で「ベストアクション/アドベンチャーゲーム」もともに受賞。

そのほか気になった所では、『Death Stranding』が「ベストゲームディレクション」と「ベストスコア&ミュージック」を、同タイトルに登場するクリフを演じたマッツ・ミケルセン氏が「ベストパフォーマンス」を受賞。
また、「ベストアクションゲーム」を『デビル・メイ・クライ5』が受賞。



「The Game Awards 2019」発表ひとまとめ【TGA2019】 /Game*Spark(12月13日)

「The Game Awards」中ではゲームに関する新情報なども発表。
次世代Xboxとなる「Xbox Series X」も発表されました。




処理能力はXbox One Xの4倍! MS次世代機「Xbox Series X」追加情報公開 /Game*Spark(12月13日)

Microsoft、Xboxシリーズの最新モデル「Xbox Series X」を「The Game Awards 2019」で発表 /4Gamer.net(12月13日)

Microsoftが発表した「Xbox Series X」は8K解像度をサポートし、過去のXbox向けタイトルとの互換性を実現 /4Gamer.net(12月14日)

縦長の直方体のような形状はなかなか特徴的。
発売は2020年ホリデーシーズンと発表されており、今のところはPS5と同時期になりそうです。



「Ori and the will of the wisps」の最新ゲームプレイムービーが公開に。発売日は2020年3月11日に変更 /4Gmamer.net(12月13日)

E3 2019で発表されたときには2月となっていたPC・XB1『Ori and the Will of the Wisps』の発売予定日が3月11日に変更と発表。





「Ghost of Tsushima」の最新長編映像が「The Game Awards 2019」で公開。発売は2020年夏 /4Gamer.net(12月13日)

PS4『Ghost of Tsushima』の新トレーラーが「TGA2019」で公開され、発売予定時期が2020年夏と発表。





「ライフ イズ ストレンジ 2」が2020年3月26日に発売決定。物語冒頭の主人公家族の様子を見られる日本語版プレイ動画と特典情報が公開 /4Gamer.net(12月16日)

PS4・XB1・Steam『ライフ・イズ・ストレンジ 2』の発売予定日が2020年3月26日と発表。



個人的にマックスとクロエの物語が最高だったので、逆に「2」まで手が伸びにくい気持ちもあります。
そういえば『CAPTAIN SPIRIT』ってのもありましたが、こちらの日本語版はあるんでしょうか?



プラチナゲームズの名作アクション2作品がPS4向けにリファイン。「BAYONETTA&VANQUISH」が2020年春に発売 /4Gamer.net(12月10日)

『BAYONETTA(ベヨネッタ)』と『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』がフレームレートやムービー解像度を向上させ、PS4向けソフトとして1本にまとまった『BAYONETTA & VANQUISH(ベヨネッタ&ヴァンキッシュ)』が2020年春発売予定と発表。
『ベヨネッタ』は日本語ボイスに対応、『ヴァンキッシュ』は有料DLCの特殊武器などが追加されているそうです。





「勇者ヤマダくん」と「moon」のサウンドトラックが2020年初春に発売決定。これまで未収録だった楽曲や、Fake MOONも全曲完全版で収録 /4Gamer.net(12月8日)

Onion Gamesが手掛ける『勇者ヤマダくん』、『moon』のサウンドトラックが2020年初春に発売予定と発表。
『moon』のサントラは過去の復刻版ではなく、リマスターされたゲームBGMや未収録曲も収録された新規のサントラとなるようです。

単純に欲しいw



PS4とPS4 Proが1万円引きとなるキャンペーンが12月19日スタート。PS VRもPS Move2本と5タイトルをセットにした特別商品が登場 /4Gamer.net(12月12日)

PS4、PS4 Proが通常の税抜希望小売価格より1万円引きとなるキャンペーンが、対象店舗で12月19日から1月5日まで実施中。
スタンダードPS4のHDD容量500GBモデルが19980円(以下、価格は税別)、1TBモデルが24980円、PS4 Proが29980円。
数量限定となっており、期間中でも上限に達した場合はキャンペーン終了となるようです。

また、PS VRとPSカメラ、PSムーブ2本と『アストロボット』や『BEAT SABER』、『バイオハザード7』など5タイトルがセットになった「PlayStation VR MEGA PACK」が12月19日より販売中。
価格は39980円で、こちらも数量限定商品となっています。


「VRメガパック」はかなりお得だと思います。
さらに『Déraciné(デラシネ)』も買えば完璧なVR体験ができるでしょう。



Switch版「Dokuro」が期間限定で490円に。クリスマス&新年記念セール /4Gamer.net(12月19日)

NS版『Dokuro(ドクロ)』が2020年1月8日までの期間、半額の490円(税込み)で販売されるセールが実施中。




その他、クリスマス、年末年始のセールが色んなところで実施中。

「DEATH STRANDING」「CoD: MW」などPS4の800タイトル以上が対象で最大85%オフ。PS Storeで「HOLIDAY SALE」が本日スタート /4Gamer.net(12月20日)

Steamウィンターセールが本日スタート。TGA2019でGOTYを獲得した「SEKIRO」を始め多数のタイトルがセールに登場 /4Gamer.net(12月20日)

正直、秋のセールでもデジタル積みゲー増やしちゃいましたからね。
ちょっと自制しなければと思ってはいるんですが。
どうしようかな~w




関連記事:
気になったゲーム関連の話題 2018年12月16日
(TGA2018受賞タイトル)
PS3『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』クリア HARDモードプレイ中/2013年12月2日
PSV『Dokuro (ドクロ)』 感想/2012年8月24日


2019/12/02(月)
個人的にあまり目ぼしいものはなかったのですが、ここ4週ほどの気になったゲーム関連の話題を。



「ドラゴンクエストビルダーズ2」、製品版への引き継ぎが可能な大ボリュームの「たっぷり遊べる体験版」が配信スタート /4Gamer.net(11月5日)

発売中の『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』の最初のエリアボス戦までをプレイできる無料体験版「たっぷり遊べる体験版」がPS4・NS向けに配信中。



セーブデータの製品版への引継ぎができるのはいいですね。
1作目をもうちょっとちゃんとやり込みたい気持ちもまだありますが、さっさと次の遊んだほうがいいでしょうか?w



「龍が如く7」に桐生一馬が登場。10分におよぶストーリートレイラーが公開&体験版が本日配信開始 /4Gamer.net(11月13日)

2020年1月16日発売予定のPS4『龍が如く7 光と闇の行方』の体験版が配信中。



バトルシステムも変わってますから、やっておくのもいいかもしれません。
購入は未定ですが。



南の島のテーマパークでの冒険ふたたび。PC版「WORK×WORK」が日本時間12月4日に発売決定 /4Gamer.net(11月15日)

NSやPS4で発売された『WORK×WORK』がPC版タイトル『Heroland』となって海外向けに発売予定と発表。



一応、日本から見られるSteamの商品ページでは『WORK×WORK』となっているようです。
ちなみにNS版、放置してます・・・。



PS4用「バイオハザード RE:2」「デビル メイ クライ 5」、Switch用「バイオハザード リベレーションズ コレクション」のBest Price版が12月13日に発売 /4Gamer.net(11月12日)

PS4『バイオハザード RE:2』と同じくPS4『デビル・メイ・クライ 5』、NS『バイオハザード リベレーションズ コレクション』が廉価版となって12月13日発売予定と発表。
価格はいずれも3990円(税別)。



「バイオRE2」も「DMC5」も評価されている印象なので気になります。
「リベレーションズ」もいずれやりたいなと思ってるんですけどね。



『バイオハザード RE:2』がGOTY!「Golden Joystick Awards 2019」受賞作品リスト ― 生涯功労賞は鈴木裕氏 /Game*Spark(11月16日)

イギリスのゲームアワード「Golden Joystick Awards 2019」受賞タイトルが発表。
「Ultimate Game of the Year」は『バイオハザード RE:2』が受賞。
「Best VR / AR Game」には『Déraciné(デラシネ)』もノミネートされていましたが『BEAT SABER』が受賞。
そのほか詳細はリンク先でどうぞ。




関連記事:
NS『WORK×WORK(ワークワーク)』を購入/2018年10月5日
PSVR『Déraciné(デラシネ)』 クリアしたらしーね/2018年11月11日
気になったゲーム関連の話題 2017年11月20日
(「Golden Joystick Awards 2017」)

2019/11/03(日)
ここ3週ほどの気になったゲーム関連の話題を。



「The Last of Us Part II」の発売日が、2020年2月21日から5月29日に延期へ /4Gamer.net(10月25日)

ユービーアイソフト、「ウォッチドッグス レギオン」など新作3タイトルのリリースを2020年4月以降に延期 /4Gamer.net(10月25日)

PS4『The Last of Us Part II』の発売予定日が2020年5月29日へ延期と発表。

またUBIソフトは、日本では2020年3月6日発売予定となっていた『ウォッチドッグス レギオン』のほか、『ゴッズ アンド モンスターズ』、『レインボーシックス クアランティン』の発売を2020年4月以降へ延期と発表。


2月、3月はいつも混み合いますからね。
などと思っていたところに↓の記事。



PS4「仁王2」は2020年3月12日に発売へ。全世界で275万本を超えるセールスを記録したダーク戦国アクションRPG「仁王」の続編 /4Gamer.net(10月31日)

フリープレイに「仁王」と「Redout: Lightspeed Edition」が登場。11月のPS Plus特典情報 /4Gmaer.net(10月31日)

PS4『仁王2』が2020年3月12日発売予定と発表。

また、11月のPSプラス加入者向け提供コンテンツの情報が公開され、フリープレイタイトルとして『仁王』とSFレーシングゲーム『Redout: Lightspeed Edition』が提供されることが発表。



『ウォッチドッグス レギオン』が抜けて『仁王2』が入ってくるという。
「2」の前にやはり1作目をやっておきたいと思っているところにフリープレイ提供というのはなかなか太っ腹w
ま、でもちゃんと買いたい気持ちもちょこっとあるんですけどね。
とりあえず、『仁王2』の体験版が11月10日まで配信中なのでそっちやっておこうと思います。



PS4/Xbox One版「Ancestors: The Humankind Odyssey」が12月6日に発売。日本語版トレイラーを公開 /4Gamer.net(10月30日)

『Ancestors: The Humankind Odyssey』のPS4版とXB1版が12月6日に発売予定と発表
価格は4400円(税込み)。



PC向けにリリースされていて特に評判はチェックしていませんが、人類を進化させていくようなゲームシステムはちょっと気になってました。



PS VR専用ソフト「マーベルアイアンマン VR」が2020年2月28日に発売決定。早期購入特典とデジタルデラックス版特典も明らかに /4Gamer.net(10月15日)

PSVR専用『マーベルアイアンマン VR』が2020年2月28日に発売予定と発表。



最近になって、映画『アイアンマン』から始まる「マーベル・シネマティック・ユニバース」作品を追い始めました。
そういった意味でも、VRタイトルということでも気になるタイトルです。



「十三機兵防衛圏」の“序盤まるごと体験版”の配信が決定。「プリンセスクラウン 復刻版」など、先着購入特典の追加情報も /4Gamer.net(10月18日)

「十三機兵防衛圏」の「序盤まるごと体験版」は10月30日より配信へ。序盤約3時間,“プロローグ”を持っている人は序盤約6時間遊べる /4Gamer.net(10月23日)

PS4『十三機兵防衛圏』の序盤をまるごとプレイできる「序盤まるごと体験版」が10月30日より配信中。
セーブデータは製品版に引き継ぐことができるそうです。

また、新たな先着購入特典が追加されることも発表。
PS4用テーマ、トークイベント参加応募券のほかPSP版『プリンセスクラウン』がPS4で遊べる『プリンセスクラウン 復刻版』が用意されるようです。



正直、発売日購入は微妙だったんですが『プリンセスクラウン』はちょっと惹かれます。
こちらも体験版やってみてからですね。




関連記事:
PV 「ディスティニーコネクト」、「Ancestors THO」、「Pathless」/2019年1月23日


2019/10/13(日)
ここ4週ほどの気になったゲーム関連の話題を。



第3回“State of Play”発表まとめ。『The Last of Us Part II』発売日や『デス・ストランディング』PS4Pro同梱版などが発表 /ファミ通.com(9月25日)

PlayStation向け新作タイトルを紹介する「State of Play」が配信、新たなPSVR向けタイトルや『The Last of Us Part II』の発売予定日などが発表されました。
動画自体の評価は不評も少なくないんですが、個人的に気になるタイトルはいくつかありました。


PS4用ソフト「The Last of Us Part II」は、2020年2月21日に発売。予約受付もスタート /4Gamer.net(9月25日)

PS4『The Last of Us Part II』が2020年2月21日に発売予定と発表。



「FF7リメイク」が3月3日と、ちょっと近いのが気になりますが、両方買うかな。
さらに言えば『ウォッチドッグス レギオン』が3月6日ですが。



PlayStation 4版「L.A.ノワール:VR事件簿」は、本日中に配信予定。「State of Play」で紹介されたPS VRタイトルまとめ /4Gamer.net(9月25日)

PSVR向けに『L.A.ノワール:VR事件簿』が配信開始。



オリジナルに収録された事件をVR化したもののようですが、そうなるとオリジナルやらないほうがいいんでしょうかね?



群衆シム『HUMANITY』がPS4/PSVRで2020年発売決定。水口哲也氏のエンハンスがプロデュースとパブリッシングを担当【State of Play】 /ファミ通.com(9月25日)

『HUMANITY』がPS4向け(PSVR対応)に2020年発売予定と発表。



一定の行動を取り続ける群衆を誘導、制御するようなゲームでしょうか?
ちょっと気になります。



「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売 /PlayStation.Blog(10月8日)

PS5の気になるポイントをソニーに直撃! PS4互換は検証中。Ultra HD Blu-rayの再生&新コントローラーの詳細も /ファミ通.com(10月8日)

特報:見えてきた「プレイステーション 5」の姿──ソニーが世に問う新しいゲーム体験のすべて /WIRED(10月9日)

次世代プレイステーションの正式名称が「PlayStation5」となり、2020年の年末商戦期に発売予定と発表。
また、PS5用コントローラーにはL2・R2ボタンに当たる「アダプティブトリガー」が導入され、ゲーム開発側がその抵抗力などを設定することができるなど、新機能が実装されることも発表。

まだまだ1年先の話ですし、日本での発売がPS4同様、後になる可能性もありますからね。
のんびり待ちましょうw



「ゴッド・オブ・ウォー」「アンチャーテッド 古代神の秘宝」「グランツーリスモSPORT」のPlayStation Hits版が本日発売 /4Gamer.net(10月4日)

PS4専用タイトル『ゴッド・オブ・ウォー』、『アンチャーテッド 古代神の秘宝』、『グランツーリスモSPORT』の3タイトルが廉価版となって10月4日より発売中。
価格はパッケージ版が1990円(税別)、DL版が2189円(税込み)。



2000円で『ゴッド・オブ・ウォー』遊べるとか、『Horizon Zero Dawn コンプリートエディション』もそうですが、すごいですね。



PSVR用プラネタリウム鑑賞ソフト「ホームスターVR」の特別仕様版が12月12日に発売。福山 潤さん、大原さやかさん、ドナ・バークさんのボイスで星空を解説 /4Gamer.net(10月10日)

PSVR用プラネタリウム鑑賞ソフト『ホームスターVR SPECIAL EDITION』が12月12日発売予定と発表。
価格は3500円(税別)。



新たな星空絶景ポイントやプラネタリウムモードで福山潤さんら声優によるナレーションを実装するなど、新要素が追加されるようです。
オリジナル版買ってて、たまにリラックスしてますけど、購入者は「スペシャルエディション」割引きとかないんでしょうか?



「PlayStation Now」の月額料金が1180円(税込)に価格改定。従来の半額以下に /4Gamer.net(10月1日)

SIEが提供するクラウドゲーミングサービス「PlayStation Now」の1ヶ月利用権の価格が改定。
2500円(以下、税込み)だった月額料金が1180円になるそうです。
期間限定でPS4版『ゴッド・オブ・ウォー』、『グランド・セフト・オートV』などの提供も発表されています。

ちょっとお試しで色々やってみるというのもいいかも。
PS3タイトルの『パペッティア』や『魔人と失われた王国』を是非。



「ハースストーン」の中継で出た政治的発言と選手の処罰をめぐる出来事が議論に /4Gamer.net(10月12日)

Overwatch's Mei is being turned into a Hong Kong protest symbol /EUROGAMER(10月9日)

『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に /Game*Spark(10月12日)

香港における逃亡犯条例改正案(のちに撤回)から端を発し、現在まで続くデモに関連したお話。
一連の流れは4Gamerの記事が分かりやすいと思いますが、Blizzard Entertainmentのデジタルカードゲーム『ハースストーン』の公式大会試合後のインタビューで、香港出身選手が政治的発言をしたとして、トーナメント参加禁止や賞金剥奪の処罰が下された(のちに一部軽減)という話題。

個人的には自由主義、民主主義は比較的好ましいシステムだと思いますし、それを支持する声が上がるのは当然だと思っていますが、一方でやはり多くのスポーツ等の国際大会と同じようにeスポーツの場でも政治的パフォーマンスが制限されるのも理解できます。
ただ、この件ではBlizzardの株主として中国のテンセントの存在があったり、ゲーム業界における中国市場の重要性などもあって、色々とややこしくなっている気がしますね。


などと難しい話は抜きにして、EUROGAMER記事にあるように、ユーザーの手によってBlizzardのタイトルである『オーバーウォッチ』のキャラクター「メイ」に香港を応援させるようなムーブメントが起きているのが面白いなと思いましたw



関連記事:
PS3『パペッティア』 紹介と感想 その1/2013年12月10日
PS3『魔人と失われた王国』 感想/2011年1月30日


 | Copyright © 黒蘭の蔵 All rights reserved. |  次のページへ

 / Template by パソコン 初心者ガイド